椎間板ヘルニアのPED手術なら、世田谷区の出沢明PEDクリニック

web予約

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは

椎間板の髄核が様々な要因で外に飛び出してしまい、神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアです。

椎間板の髄核が外に飛び出して

しまい、神経を圧迫するのが
椎間板ヘルニアです。

 

helniaphoto1 - 椎間板ヘルニア

激しい腰痛を引き起こすことで有名なヘルニア。
ヘルニアの語源はラテン語で「飛び出た」を意味します。
つまり、椎間板の髄核が様々な要因で外に飛び出してしまい、神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアです。

 

腰に関係する症状なので、シニア世代に多いと思われる方もいるかもしれません。しかし、髄核はみずみずしいほど、それだけ外に飛び出す圧力が

強くなるので、比較的若い世代のほうがヘルニアを発症しやすいといった特徴があります。統計によれば、日本人全体の約1%、およそ120万人の患者様がいることから決して他人ごとではありません。


「なぜ髄核を突き破ってしまうのか?」その詳しい原因はまだわからず、
生活習慣や遺伝など様々な角度から研究が進んでいます。
ただ、過度なストレスや喫煙の習慣などが原因で起こりやすくなるのは間違いないようです。

激しい腰痛を引き起こすことで有名なヘルニア。ヘルニアの語源はラテン語で「飛び出た」を意味します。つまり、椎間板の髄核が様々な要因で外に飛び出してしまい、神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアです。


腰に関係する症状なので、シニア世代に多いと思われる方もいるかもしれません。しかし、髄核はみずみずしいほど、それだけ外に飛び出す圧力が強くなるので、比較的若い世代のほうがヘルニアを発症しやすいといった特徴があります。


統計によれば、日本人全体の約1%、およそ120万人の患者様がいることから決して他人ごとではありません。


「なぜ髄核を突き破ってしまうのか?」詳しい原因はまだわからず、生活習慣や遺伝など様々な角度から研究が進んでいます。


ただ、過度なストレスや喫煙の習慣などが原因で起こりやすくなるのは間違いないようです。

椎間板ヘルニアの症状

飛び出した髄核のせいで炎症が起こると、激しい痛みが出てきます。

飛び出した髄核のせいで

炎症が起こると、

激しい痛みが出てきます。

脊椎には多くの神経があり、飛び出した髄核のせいで炎症が起こると、激しい痛みが出てきます。ひどいときには眠るのも困難です。
腰痛だけではなく、力が入らない、やけつくようなしびれが起こることもあります。

椎間板ヘルニアは大きく4つのタイプに分かれています。

膨隆型:「髄核が繊維輪を押すことでヘルニアが背中側に膨らむ」
脱出型:「髄核が繊維輪を破って後縦靭帯と呼ばれる部位に達している」
穿破突出型「髄核が繊維輪と後縦靭帯を破って飛び出している」
遊離脱出型「飛び出した髄核が分離している」

 

どのようなタイプのヘルニアか、そもそもヘルニアなのかどうかの診断には、
痛みやしびれの状況を聞く問診、MRIの画像検査等を行います。
また、前屈、感覚や反射検査は重要です。主にSLRテスト(下肢伸展挙上テスト)、FNSテスト(大腿神経伸展テスト)、ケンプテストなどが行われます。

脊椎には多くの神経があり、飛び出した髄核のせいで炎症が起こると、激しい痛みが出てきます。
ひどいときには眠るのも困難です。

腰痛だけではなく、力が入らない、やけつくようなしびれが起こることもあります。

椎間板ヘルニアは大きく4つのタイプに分かれています。

膨隆型:「髄核が繊維輪を押すことでヘルニアが背中側に膨らむ」
脱出型:「髄核が繊維輪を破って後縦靭帯と呼ばれる部位に達している」
穿破突出型「髄核が繊維輪と後縦靭帯を破って飛び出している」
遊離脱出型「飛び出した髄核が分離している」

 

どのようなタイプのヘルニアか、そもそもヘルニアなのかどうかの診断には、痛みやしびれの状況を聞く問診、MRIの画像検査等を行います。

また、前屈、感覚や反射検査は重要です。主にSLRテスト(下肢伸展挙上テスト)FNSテスト(大腿神経伸展テスト)、ケンプテストなどが行われます。

手術をする際の基準

保存療法から実際に手術にまで至るのは、ヘルニア発症者の1~2割と言われています。

実際に手術に至るのは、

発症者の1~2割と言われています。

ヘルニアは発症当初、激しい痛みを伴うため、必ず手術をしなければならないと思う方もいるようです。

ただ、ほとんどのケースで最初は保存療法をメインに行います。穿破突出型や遊離脱出型のようにヘルニアが飛び出しているタイプに関しては、

体内の免疫作用によって、小さくなったり、自然と消失したりすることもあるからです。

急性の痛みに対しては有効な薬物などを処方し、炎症を抑えて様子を見ます。

 

しかし、

下肢部に麻痺の症状が出ている

最初の段階より痛みが激しくなってきた

膀胱直腸障害などの異常がある

力が以前よりも入らない

 

以上のような場合は緊急性が高いため、手術に移行するケースがほとんどです。

ヘルニアは発症当初、激しい痛みを伴うため、必ず手術をしなければならないと思う方もいるようです。

ただ、ほとんどのケースで最初は保存療法をメインに行います。穿破突出型や遊離脱出型のようにヘルニアが飛び出しているタイプに関しては、体内の免疫作用によって、小さくなったり、自然と消失したりすることもあるからです。

急性の痛みに対しては有効な薬物などを処方し、炎症を抑えて様子を見ます。

 

しかし、

下肢部に麻痺の症状が出ている

最初の段階より痛みが激しくなってきた

膀胱直腸障害などの異常がある

力が以前よりも入らない

以上のような場合は緊急性が高いため、手術に移行するケースがほとんどです。

椎間板ヘルニアの主な手術

患者様の生活習慣や検査などによって得られた情報を総合的に分析したうえで手術を行います。

患者様の生活習慣や検査など
総合的に分析した上で手術を行います

主にヘルニアを間接的にへこませる方法や、直接切除するものに分かれています。直接切除する方法のなかでも効果が高いのは、
MED、PEL、PEDといった内視鏡による腰椎椎間板ヘルニア摘出術です。

 

MED(メド:内視鏡下椎間板摘出術)
切開した皮膚から内視鏡を使って、ヘルニアを切除します。腰部脊柱管狭窄症などで、脊髄や馬尾の神経に圧迫が起きている
椎間板ヘルニアに対して効果的です。傷の大きさは2センチほど。全身麻酔をかけて手術を行います。

 

PEL(ペル:経皮的椎弓切除術)
極小内視鏡システムを用いて僅かな皮膚切開で神経の除圧を行う手術です。
ただ、国内でも行っているところは少なく、黄色靭帯や骨を切除する必要があり、患者様に若干の負担がかかります。

 

PED(ペド:経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術)
椎骨の隙間から、極細の内視鏡を入れていく方法です、椎弓を削る必要が無く、全身麻酔も必要ありません。
部分麻酔のみで一時間ほどの手術時間。最短一泊二日で社会復帰可能です。

主にヘルニアを間接的にへこませる方法や、直接切除するものに分かれています。直接切除する方法のなかでも効果が高いのは、MED、PEL、PEDといった内視鏡による腰椎椎間板ヘルニア摘出術です。

 

MED(メド:内視鏡下椎間板摘出術)


切開した皮膚から内視鏡を使って、ヘルニアを切除します。腰部脊柱管狭窄症などで、脊髄や馬尾の神経に圧迫が起きている
椎間板ヘルニアに対して効果的です。傷の大きさは2センチほど。全身麻酔をかけて手術を行います。

 

PEL(ペル:経皮的椎弓切除術)


極小内視鏡システムを用いて僅かな皮膚切開で神経の除圧を行う手術です。
ただ、国内でも行っているところは少なく、黄色靭帯や骨を切除する必要があり、患者様に若干の負担がかかります。

 

PED(ペド:経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術)


椎骨の隙間から、極細の内視鏡を入れていく方法です、椎弓を削る必要が無く、全身麻酔も必要ありません。
部分麻酔のみで一時間ほどの手術時間。最短一泊二日で社会復帰可能です。

PED(経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出手術)のメリット

PEDは再発のリスクを最小限に抑えられます。

PEDは再発のリスクを

最小限に抑えられます。

hlniaphoto2 - 椎間板ヘルニア

骨を切除するために大きく皮膚を切開すると、
その分、筋肉が肉離れのような状態となり、術後の患者様の痛みや不快感が増してしまいます。結果として健康な生活に戻る期間が長引くのです。

それに対してPEDは、ヘルニアの手術のデメリットを最小限で抑えられます。傷の長さがMEDより小さく、局所麻酔だから患者様も会話をしながら手術を行えるほど。
術後2・3時間で歩行でき、入院も一日のみ、社会復帰も約一週間というのが最短の治療結果です。

さらに再発率が低いのもPEDのメリットといえます。
椎間板は再生能力がなく、手術痕はそのまま。つまり、侵襲が大きければ大きいほど、髄核が飛び出す可能性は高まってしまうのです。


当クリニックの院長、出沢明は、この分野の第一人者です。
新しい治療機器があれば常に改良し、様々な実績を作ってきました。
書籍やメディア、ウェブ上の動画などでもPEDのメリットについてご紹介しているので是非一度ご覧ください。

骨を切除するために大きく皮膚を切開すると、その分、筋肉が肉離れのような状態となり、術後の患者様の痛みや不快感が増してしまいます。結果として健康な生活に戻る期間が長引くのです。

 

 

それに対してPEDは、ヘルニアの手術のデメリットを最小限で抑えられます。

傷の長さがMEDより小さく、局所麻酔だから患者様も会話をしながら手術を行えるほど。術後2・3時間で歩行でき、入院も一日のみ、社会復帰も約一週間というのが最短の治療結果です。

 

 

さらに再発率が低いのもPEDのメリットといえます。椎間板は再生能力がなく、手術痕はそのまま。つまり、侵襲が大きければ大きいほど、髄核が飛び出す可能性は高まってしまうのです。


当クリニックの院長、出沢明は、この分野の第一人者です。
新しい治療機器があれば常に改良し、様々な実績を作ってきました。書籍やメディア、ウェブ上の動画などでもPEDのメリットについてご紹介しているので是非一度ご覧ください。

保存療法もアフターケアも徐々に変化しているヘルニア治療

椎間板ヘルニアの治療は日進月歩です。

椎間板ヘルニアの治療は日進月歩です。

helniaphoto3 - 椎間板ヘルニア

手術の後は「安静にしているべき」といったイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし、今では無理をしない範囲で少しずつ運動を行ったほうが、治療効果が高まると言われています。

そのため、手術直後から理学療法士の指導のもと、ストレッチやプール運動などを行うところも増えてきました。

 

また、神経間のシナプスをコントロールして痛みを抑えるプレガハリン(リリカ)やタラモナールなど、以前の消炎鎮痛剤とは違う薬物療法も出てきています。さらに準麻薬のようなオピオイドなど、かつては癌治療に用いるものなども扱う量をコントロールすることで処方可能です。

 

このように椎間板ヘルニアの治療は日進月歩です。幅広い選択肢の中から、患者様の状態に合わせて一番良いと思われる方法を、一緒に話し合って提案いたします。まずはどんなことでもご相談ください。

手術の後は「安静にしているべき」といったイメージをお持ちの方も多いかもしれません。
しかし、今では無理をしない範囲で少しずつ運動を行ったほうが、治療効果が高まると言われています。

 

そのため、手術直後から理学療法士の指導のもと、ストレッチやプール運動などを行うところも増えてきました。

 

 

また、神経間のシナプスをコントロールして痛みを抑えるプレガハリン(リリカ)やタラモナールなど、以前の消炎鎮痛剤とは違う薬物療法も出てきています。さらに準麻薬のようなオピオイドなど、かつては癌治療に用いるものなども扱う量をコントロールすることで処方可能です。

 

 

このように椎間板ヘルニアの治療は日進月歩です。幅広い選択肢の中から、患者様の状態に合わせて一番良いと思われる方法を、一緒に話し合って提案いたします。まずはどんなことでもご相談ください。

出沢明PEDクリニック

アクセス


東急田園都市線
二子玉川駅より
徒歩3分

クリニック情報


医院名  出沢明PEDクリニック
住所   東京都世田谷区玉川3-6-1 第6明友ビル2F・3F
TEL   03-5797-3363[完全予約制]

kairyosinryozikan 1024x248 - 椎間板ヘルニア


診療時間  9:00~18:00
休診日   火曜、木曜、金曜、祝祭日

問診票
電話予約"