椎間板ヘルニアのPED手術なら、世田谷区の出沢明PEDクリニック

web予約

非特異性腰痛について

非特異性腰痛とは

「非特異性腰痛」とはどこが痛みの原因なのか特定しきれない腰痛のことです。

「非特異性腰痛」とは

どこが痛みの原因なのか

特定しきれない腰痛のことです。

hitokuiseiphoto1 - 非特異性腰痛について

神経症状(しびれやまひなど)や重い基礎疾患などがなく、エックス線やMRIなどの画像検査をしても、
どこが痛みの原因なのか特定しきれない、約85%の腰痛は、「非特異性腰痛」です。

いわゆる腰痛症と呼ばれるものはこれにあたります。

 

非特異性腰痛は長い時間、中腰や猫背などの姿勢を続け、腰や背中の筋肉が緊張し続けたときや、

運動不足で腰を支える筋力が弱っているとき、寒さで筋肉が硬直する冬なども神経が刺激されて痛みが起こりやすくなります。

 通常は、セルフケアをしていれば短期間で軽くなりますが、休養が十分とれなかったり、ストレスなどの心理的要因があると長期化することもあります。

 

また、急性の腰痛であるいわゆるぎっくり腰も非特異的腰痛に含まれます。

急に無理な動作をしたときなどに起こる腰の組織のけがで、ねんざや、椎間板、腱、靭帯などの損傷が多いと考えられていますが、
厳密にどの部分が傷んでいるのかを断定するのは難しいためです。


腰痛は有症期間により急性腰痛(発症からの期間が4週間未満)、亜急性腰痛(4週以上3ヶ月未満)、慢性腰痛(3ヶ月以上)に分類され、
急性腰痛である非特異的腰痛はいわゆる「ぎっくり腰」などで、そのほとんどは予後良好で痛みは数週間のうちに軽減します。

しかし「慢性腰痛となってしまった非特異的腰痛は、単に急性腰痛が長引いたものではなく、その遷延化には心理社会的な因子が複雑に関与し、
痛みはなかなか改善しない傾向となります。

神経症状(しびれやまひなど)や重い基礎疾患などがなく、エックス線やMRIなどの画像検査をしても、どこが痛みの原因なのか特定しきれない、約85%の腰痛は、「非特異性腰痛」です。

 

非特異性腰痛は長い時間、中腰や猫背などの姿勢を続け、腰や背中の筋肉が緊張し続けたときや、運動不足で腰を支える筋力が弱っているとき、寒さで筋肉が硬直する冬なども神経が刺激されて痛みが起こりやすくなります。

 

通常は、セルフケアをしていれば短期間で軽くなりますが、休養が十分とれなかったり、ストレスなどの心理的要因があると長期化することもあります。

 

また、急性の腰痛であるいわゆるぎっくり腰も非特異的腰痛に含まれます。
急に無理な動作をしたときなどに起こる腰の組織のけがで、
ねんざや、椎間板、腱、靭帯などの損傷が多いと考えられていますが、厳密にどの部分が傷んでいるのかを断定するのは難しいためです。


腰痛は有症期間により急性腰痛(発症からの期間が4週間未満)、亜急性腰痛(4週以上3ヶ月未満)、慢性腰痛(3ヶ月以上)に分類され、急性腰痛である非特異的腰痛はいわゆる「ぎっくり腰」などで、そのほとんどは予後良好で痛みは数週間のうちに軽減します。

しかし「慢性腰痛となってしまった非特異的腰痛は、単に急性腰痛が長引いたものではなく、その遷延化には心理社会的な因子が複雑に関与し、痛みはなかなか改善しない傾向となります。

非特異性腰痛と特異性腰痛の違い

非特異性腰痛と特異性腰痛の違い

原因が特定しにくい非特異性腰痛と特定できる特異性腰痛

原因が特定しにくい非特異性腰痛

特定できる特異性腰痛

hitokuiseiphoto2 - 非特異性腰痛について

非特異的腰痛は「原因がよくわからない」ものの「心配する異常や病気のない」「慢性的にならなければ危険ではない」
腰痛といい換えてもよいでしょう。
信号でいえば、”青信号”の腰痛です。
いわゆるぎっくり腰(腰椎捻挫)や変形性腰椎症なども、

画像検査で「ここが原因!」と 特定することが難しく、非特異的腰痛 に入ります。


これに対して特異的腰痛は、診察や 画像診断で原因が特定できる腰痛です。
坐骨神経痛を伴う椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、〝赤信号〞の腰痛ともいわれる感染性脊椎炎や脊椎腫瘍など
整形外科の病気のほか循環器科、泌尿器科、婦人科などのさまざまな病気が原因で起こる場合もあります。

非特異的腰痛は「原因がよくわからない」ものの「心配する異常や病気のない」「慢性的にならなければ危険ではない」腰痛といい換えてもよいでしょう。信号でいえば、”青信号”の腰痛です。


いわゆるぎっくり腰(腰椎捻挫)や変形性腰椎症なども、
画像検査で「ここが原因!」と 特定することが難しく、非特異的腰痛 に入ります。


これに対して特異的腰痛は、診察や 画像診断で原因が特定できる腰痛です。
坐骨神経痛を伴う椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、〝赤信号〞の腰痛ともいわれる感染性脊椎炎や脊椎腫瘍など整形外科の病気のほか循環器科、泌尿器科、婦人科などのさまざまな病気が原因で起こる場合もあります。

非特異性腰痛の主な原因

腰への負担と心理的ストレスが関係

への負担

心理的ストレスが関係

hitokuiseiphoto3 - 非特異性腰痛について

●「腰への負担」が主要因である場合

・姿勢や動作と腰痛との関係性に一貫性があることが多い。
・ 痛みが軽減する姿勢がある。

●「心理社会的ストレス」が主要因である場合

・ストレスが強くなると痛みを感じやすい。
・ 身体化徴候(眩暈・頭痛・肩こり・胃腸の不調)がある。

●「腰への負担」が主要因である場合

 

・姿勢や動作と腰痛との関係性に一貫性があることが多い。

・ 痛みが軽減する姿勢がある。

●「心理社会的ストレス」が

主要因である場合

 

・ストレスが強くなると痛みを感じる。
・ 身体化徴候(眩暈・頭痛・肩こり・胃腸の不調)がある。

非特異的腰痛は、腰への負担が引き金となって起こる(病気というほどではない)「腰への負担」と、

「心理的ストレス」が関係する脳機能の不具合の2つの要因で起きると考えられます。

 

腰の負担には、前かがみや猫背姿勢、腰を反らした状態、不適切な持ち上げ動作など、姿勢や動作が腰に負担をかけ、椎間板の中央にある

髄核がずれることで起こることがあります。 前かがみ姿勢や猫背姿勢では、髄核が後ろにずれることによって腰の重だるさや痛みを生じます。 

 

また、ハイヒールを履いて立ち続けるなど、腰を反らした状態が続くと髄核は前にずれ、腰に痛みを生じることがあります。

 

脳機能の不具合には、仕事や人間関係でのトラブル、腰痛に対する恐怖や不安などの心理的ストレスが関係しています。
心理的ストレスが強まると、ドパミンやオピオイドという痛みを抑える脳内物質が分泌されにくくなり、痛みが起こりやすくなります。 

非特異的腰痛は、腰への負担が引き金となって起こる(病気というほどではない)「腰への負担」と、「心理的ストレス」が関係する脳機能の不具合の2つの要因で起きると考えられます。

 

腰の負担には、前かがみや猫背姿勢、腰を反らした状態、不適切な持ち上げ動作など、姿勢や動作が腰に負担をかけ、椎間板の中央にある髄核がずれることで起こることがあります。前かがみ姿勢や猫背姿勢では、髄核が後ろにずれることによって腰の重だるさや痛みを生じます。 


また、ハイヒールを履いて立ち続けるなど、腰を反らした状態が続くと髄核は前にずれ、腰に痛みを生じることがあります。

 

脳機能の不具合には、仕事や人間関係でのトラブル、腰痛に対する恐怖や不安などの心理的ストレスが関係しています。


心理的ストレスが強まると、ドパミンやオピオイドという痛みを抑える脳内物質が分泌されにくくなり、痛みが起こりやすくなります。 

ぎっくり腰とは

ギックリ腰(ぎっくり腰)とは『急性腰痛症』の俗称です。

ギックリ腰(ぎっくり腰)とは

『急性腰痛症』の俗称です。

hitokuiseiphoto4 - 非特異性腰痛について

突然激しい痛みに襲われるぎっくり腰は、重いものを持ったり、かがんだり、
腰をねじるなどちょっとした動作がきっかけで起こります。
原因の多くは、腰の筋肉の肉離れや腰椎椎間関節のねんざなど腰椎周辺の関節や筋肉、
靭帯の一時的な障害、損傷などが考えられていますが、詳細は不明です。

多くは一週間~二週間程度で自然に回復していきますが、時間経過によって改善が見られない、
または下半身に痛みやしびれと言った症状が出現した場合などは
椎間板ヘルニアなどの特異性腰痛の病気が隠れていることがありますので要注意です。

突然激しい痛みに襲われるぎっくり腰は、重いものを持ったり、かがんだり、腰をねじるなどちょっとした動作がきっかけで起こります。


原因の多くは、腰の筋肉の肉離れや腰椎椎間関節のねんざなど腰椎周辺の関節や筋肉、靭帯の一時的な障害、損傷などが考えられていますが、詳細は不明です。


多くは一週間~二週間程度で自然に回復していきますが、時間経過によって改善が見られない、または下半身に痛みやしびれと言った症状が出現した場合などは椎間板ヘルニアなどの特異性腰痛の病気が隠れていることがありますので要注意です

梨状筋症候群とは

ぎっくり腰から腰痛が慢性化して起こる梨状筋症候群

ぎっくり腰から腰痛が

慢性化して起こる梨状筋症候群

hitokuiseiphoto6 - 非特異性腰痛について

梨状筋症候群で苦しんでいる人は結構多く、ぎっくり腰から腰痛が慢性化したり
坐骨神経痛から発症したり、スポーツや仕事などにストレスが加わったりして発症します。
おしりの外側あたりに痛みがあり、太ももの後面にかけてしびれがでることもあります。
長く座っていると症状は強くなり、歩くと楽になることもあります。
草むしりなどの中腰やゴルフなどのスポーツ、長時間の運転など、梨状筋に負担のかかるような

ことで起こりやすいのですが、MRIやレントゲンなどの検査ではみつけることができません。


通常は坐骨神経痛やヘルニアと診断されることが多く、治療の過程で改善が見られなく

梨状筋症候群が疑われることが多いです。

 

また、治療法には保存療法である、梨状筋ブロック注射などの方法もございますが、

梨状筋症候群は梨状筋切離(手術)で大きく改善します。

突然激しい痛みに襲われるぎっくり腰は、重いものを持ったり、かがんだり、腰をねじるなどちょっとした動作がきっかけで起こります。


原因の多くは、腰の筋肉の肉離れや腰椎椎間関節のねんざなど腰椎周辺の関節や筋肉、靭帯の一時的な障害、損傷などが考えられていますが、詳細は不明です。


多くは一週間~二週間程度で自然に回復していきますが、時間経過によって改善が見られない、または下半身に痛みやしびれと言った症状が出現した場合などは椎間板ヘルニアなどの特異性腰痛の病気が隠れていることがありますので要注意です

慢性腰痛について

慢性腰痛は、腰痛が3か月以上続いている状態です。

慢性腰痛は、腰痛が

3か月以上続いている状態です。

hitokuiseiphoto5 - 非特異性腰痛について

慢性腰痛は、腰痛が3か月以上続いている状態です。
小学生から高齢者まで幅広く見られますが、特に30~50代の仕事をされている方に

多いと言われています。一般的に腰痛症がおこるのは、腰部への過重な負担、筋肉や筋膜の損傷、疲労、加齢などが原因だとされてきました。

 

しかし近年、非特異的慢性腰痛の原因として、心理社会的要因が考えられるようになり、その一つにストレスがあげられています。近頃ではストレスを受けることで自律神経の機能失調が生じ、筋緊張や血液循環の悪化とともに痛みのコントロールが不能となり、慢性的な腰痛に陥ると考えられることも少なくはありません。

 

また、原因に関係なく慢性非特異性腰痛を治療せずに我慢し続けたまま生活していくことにより、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、変形性脊椎症、梨状筋症候群などの疾患にかかる可能性も十分にございます。

 

早期の予防、対策、治療が何よりも大切です。

 

慢性腰痛は、腰痛が3か月以上続いている状態です。

小学生から高齢者まで幅広く見られますが、特に30~50代の仕事をされている方に

多いと言われています。一般的に腰痛症がおこるのは、腰部への過重な負担、筋肉や筋膜の損傷、疲労、加齢などが原因だとされてきました。

 

しかし近年、非特異的慢性腰痛の原因として、心理社会的要因が考えられるようになり、その一つにストレスがあげられています。近頃ではストレスを受けることで自律神経の機能失調が生じ、筋緊張や血液循環の悪化とともに痛みのコントロールが不能となり、慢性的な腰痛に陥ると考えられることも少なくはありません。

 

また、原因に関係なく慢性非特異性腰痛を治療せずに我慢し続けたまま生活していくことにより、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、変形性脊椎症、梨状筋症候群などの疾患にかかる可能性も十分にございます。

 

早期の予防、対策、治療が大切です。

 

非特異性腰痛の治療法

非特異性腰痛の治療は基本的に保存療法から行います。

非特異性腰痛の治療は

基本的に保存療法から行います。

非特異性腰痛の治療法は主に湿布などの内服薬による薬物療法、ブロック注射などの神経ブロック療法、

コルセットなどの装具療 法、牽引・電気などの物理療法、運動療法、手術などの外科的治療が行われます。  

治療効果には個人差があります。経過を見ながら様々な治療法を合わせておこないましょう。

 

しかし、保存的治療を選んだ場合でも、いつまで続けるのか、効果がない場合いつ手術に踏み切るのか、見極めが重要です。

また、非特異性腰痛が悪化し、椎間板ヘルニアや腰部脊柱狭窄症などを発症し、重度の歩行障害、筋力低下、排便・排尿障害があらわれた場合には

手術が必要です。

 

症状はもちろん、生活スタイルや生きがい、考え方をしっかり伝え、自身に合った最善の治療法を一緒に選択していくことが

よい結果につながっていきます。

非特異性腰痛の治療法は

主に湿布などの内服薬による薬物療法、ブロック注射などの神経ブロック療法、コルセットなどの装具療 法、牽引・電気などの物理療法、運動療法、手術などの外科的治療が行われます。  


治療効果には個人差があります。

経過を見ながら様々な治療法を合わせておこないましょう。

 

しかし、保存的治療を選んだ場合でも、いつまで続けるのか、効果がない場合いつ手術に踏み切るのか、見極めが重要です。


また、非特異性腰痛が悪化し、椎間板ヘルニアや腰部脊柱狭窄症などを発症し、重度の歩行障害、筋力低下、排便・排尿障害があらわれた場合には手術が必要です。

 

症状はもちろん、生活スタイルや生きがい、考え方をしっかり伝え、自身に合った最善の治療法を一緒に選択していくことが

よい結果につながっていきます。

非特異性腰痛の予防について

適度な運動やストレッチは腰痛を予防する上で非常に重要です。

適度な運動やストレッチは

腰痛を予防する上で非常に重要です。

慢性的な腰痛になると治療のことばかりが気になりますが、慢性的な腰痛には、治療だけでなく予防が何よりも重要なポイントになってきます。
普段から、姿勢や猫背に気をつけることはもちろん、運動療法を行うことで腰痛を予防することが可能です。

運動療法の目的に、腰痛で日常生活が制限されてしまうことによる体力低下の改善、腰を支える筋肉の筋力低下の改善があげられます。

 

また腰痛による行動制限が精神面へも影響を及ぼし、 生活に悪循環を引き起こす可能性もあります。

そのような点からも体を動かす運動療法は大変重要です。  

腰痛にお困りの方は、受診の上、個々の症状に応じた適切なストレッチ体操、筋肉を強くする運動や

腰痛になりにくい姿勢や動作等の指導を受けられることをお勧めします。

慢性的な腰痛になると治療のことばかりが気になりますが、慢性的な腰痛には、治療だけでなく予防が何よりも重要なポイントになってきます。


普段から、姿勢や猫背に気をつけることはもちろん、運動療法を行うことで腰痛を予防することが可能です。

 

運動療法の目的に、腰痛で日常生活が制限されてしまうことによる体力低下の改善、腰を支える筋肉の筋力低下の改善があげられます。

 

また腰痛による行動制限が精神面へも影響を及ぼし、 生活に悪循環を引き起こす可能性もあります。そのような点からも体を動かす運動療法は大変重要です。  

 

腰痛にお困りの方は、受診の上、個々の症状に応じた適切なストレッチ体操、筋肉を強くする運動や腰痛になりにくい姿勢や動作等の指導を受けられることをお勧めします。

腰痛でお悩みの方へ

腰痛とうまく付き合いながら前向きに日常生活を送りましょう。

腰痛とうまく付き合いながら

前向きに日常生活を送りましょう。

hitokuiseiphoto7 - 非特異性腰痛について

急性の腰痛が起こった時は、痛みが治まるまで安静にして体を動かさないようにするのが基本ですが 、
近頃は長く腰を動かさないことが、返って回復を遅らせるというデータも出ています。
少し痛みが治まったら、できるかぎり普段通りの生活を行うことが腰痛の慢性化を防ぐことに有効です。

 

痛みへの不安から活動量が減ってしまうと、運動不足による筋肉の硬直が起こり、気持ちが落ち込んでさらに活動せず、
ますます症状が悪化する「痛みの悪循環」に陥ってしまいます。

 

ともに、普段から腰痛になりにくい正しい姿勢を心がけることも大切です。猫背になったり逆に背中を反りすぎたりしないように気をつけます。

緩やかなS字形を描いているのが腰に負担をかけない姿勢です 。同じ姿勢を長時間とる場合は、

途中で軽いストレッチを行って筋肉をほぐすようにすることも重要です。

 

慢性痛の治療では、痛みにとらわれずに日常生活の質を維持することが大切です。 

医療だけでなく、心理面でのサポートや生活環境の改善など多面的な支援によって、慢性腰痛とうまく付き合いながら前向きに日常生活を送りましょう。

急性の腰痛が起こった時は、

痛みが治まるまで安静にして体を動かさないようにするのが基本ですが 、近頃は長く腰を動かさないことが、返って回復を遅らせるというデータも出ています。


少し痛みが治まったら、できるかぎり普段通りの生活を行うことが腰痛の慢性化を防ぐことに有効です。

 

痛みへの不安から活動量が減ってしまうと、運動不足による筋肉の硬直が起こり、気持ちが落ち込んでさらに活動せず、ますます症状が悪化する「痛みの悪循環」に陥ってしまいます。

 

ともに、普段から腰痛になりにくい正しい姿勢を心がけることも大切です。猫背になったり逆に背中を反りすぎたりしないように気をつけます。

 

緩やかなS字形を描いているのが腰に負担をかけない姿勢です 。

同じ姿勢を長時間とる場合は、途中で軽いストレッチを行って筋肉をほぐすようにすることも重要です。

 

また、慢性痛の治療では、痛みにとらわれずに日常生活の質を維持することが大切です。 医療だけでなく、心理面でのサポートや生活環境の改善など多面的な支援によって、慢性腰痛とうまく付き合いながら前向きに日常生活を送りましょう。

出沢明PEDクリニック

アクセス


東急田園都市線
二子玉川駅より
徒歩3分

クリニック情報


医院名  出沢明PEDクリニック
住所   東京都世田谷区玉川3-6-1 第6明友ビル2F・3F
TEL   03-5797-3363[完全予約制]

kairyosinryozikan 1024x248 - 非特異性腰痛について


診療時間  9:00~18:00
休診日   火曜、木曜、金曜、祝祭日

問診票
電話予約"