椎間板ヘルニアのPED手術なら、世田谷区の出沢明PEDクリニック

web予約

DPELについて

混合型の脊柱管狭窄症とは

混合型の脊柱管狭窄症は馬尾型と神経根型が混合する脊柱管狭窄症のことです

混合型の脊柱管狭窄症は
馬尾型と神経根型が混合する
脊柱管狭窄症のことです

dpelphoto1 - DPELについて

脊柱管狭窄症は大きく分けて3つのタイプに分類されます。
脊柱管の中心が圧迫されて起こる馬尾型(ばびがた)、馬尾神経から分岐したのちの神経根が圧迫されて起こる神経根型(しんけいこんがた)、
そしてこの馬尾型と神経根型の両方が混合した混合型(こんごうがた)です。
脊柱管狭窄症の主な症状は歩行すると症状が悪化し、休むと下肢の痛みや痺れが緩和する間欠性跛行という症状ですが、
この症状が悪化すると歩行困難や排尿障害などを招く可能性がございます。
特に混合型の脊柱管狭窄症は症状が重度のものが多く時には手術を要する場合もございます。

脊柱管狭窄症は大きく分けて3つのタイプに分類されます。
脊柱管の中心が圧迫されて起こる馬尾型(ばびがた)、馬尾神経から分岐したのちの神経根が圧迫されて起こる神経根型(しんけいこんがた)、そしてこの馬尾型と神経根型の両方が混合した混合型(こんごうがた)です。


脊柱管狭窄症の主な症状は歩行すると症状が悪化し、休むと下肢の痛みや痺れが緩和する間欠性跛行という症状ですが、この症状が悪化すると歩行困難や排尿障害などを招く可能性がございます。


特に混合型の脊柱管狭窄症は症状が重度のものが多く時には手術を要する場合もございます。

混合型の脊柱管狭窄症の症状

混合型の脊柱管狭窄症は日常にも支障を来たす可能性がございます

混合型の脊柱管狭窄症は
日常にも支障を来たす
可能性がございます

dpelphoto2 - DPELについて

混合型の脊柱管狭窄症の症状は痛み、痺れの他に排尿障害や下肢の異常感覚をも伴います。
馬尾型の主な症状である、下肢痛や坐骨神経痛、臀部痛、下腿のこむら返りの症状に加え、
神経根型の症状である、両下肢のしびれや排尿障害、下肢の脱力や異常感覚もなどの症状も重ねて起こるため、
症状が悪化すると、日常の生活に支障を来たす可能性が高いです。

混合型の脊柱管狭窄症の症状は痛み、痺れの他に排尿障害や下肢の異常感覚をも伴います。

馬尾型の主な症状である、下肢痛や坐骨神経痛、臀部痛、下腿のこむら返りの症状に加え、神経根型の症状である、両下肢のしびれや排尿障害、下肢の脱力や異常感覚もなどの症状も重ねて起こるため、症状が悪化すると、日常の生活に支障を来たす可能性が高いです。

DPELとは

出沢明が開発したDPEL手術は混合型脊柱管狭窄症にも適応した手術です

出沢明が開発したDPEL手術は
混合型脊柱管狭窄症にも
適応した手術です

dpelphoto3 - DPELについて


出沢明が開発した内視鏡システムDPELスコープを使用したDPEL手術は、
身体に最低限の侵襲しか与えない最新の低侵襲手術であり、
混合型の脊柱管狭窄症にも対応しております。
従来の固定手技の手術とは異なり、高性能の内視鏡を使用しての手術のため、
切開孔も10mm以下と非常にわずかです。
また、術後数時間後には歩行が可能となり、原則日帰りで手術を受けることができます。

出沢明が開発した内視鏡システムDPELスコープを使用したDPEL手術は、身体に最低限の侵襲しか与えない最新の低侵襲手術であり、混合型の脊柱管狭窄症にも対応しております。
従来の固定手技の手術とは異なり、高性能の内視鏡を使用しての手術のため、切開孔も10mm以下と非常にわずかです。
また、術後数時間後には歩行が可能となり、原則日帰りで手術を受けることができます。

DPEL手術の方法

低侵襲内視鏡手術の第一人者、出沢明だからできるDPEL手術

低侵襲内視鏡手術の
第一人者、出沢明だからできる
DPEL手術

dpelphoto4 - DPELについて

DPEL手術はストリングチーズ様手技で行います。

体位は腹臥位、全身麻酔で行う。
カニューラ挿入のためのエントリーポイントを決めアプローチしていく。
内側部にある病巣を直径2.5mm〜3.5mmのハイスピードドリルで切除する。
腹側部の病巣をケリソンパンチで慎重に切除する。
黄色靱帯の内側円をケリソンパンチで切除する。

体側部の椎弓内円をハイスピードドリルで切除すると黄色靱帯が確認できる。

その黄色靱帯を徐々に薄く切除しながら菲薄化していく。

バスケット鉗子でピースミールに切除していく。

体側部の黄色靱帯切除に移り、尾側椎弓上円の切除を行うと骨膜が見えてくる。

体側椎弓の内円を切除する。

ケリソンパンチで上関節突起内側円を切除し、徐圧していく。

黄色靱帯を徐々に菲薄化しながら体側の神経根徐圧を進める。
体側の黄色靱帯を切除し、圧排している進入側の黄色靱帯も切除する。
硬膜が出たところで水の還流圧を下げる。

硬膜、神経根全体の徐圧が完了。
手術終了。

DPEL手術のメリット

脊柱管狭窄症に悩まされない日常が訪れる

脊柱管狭窄症に
悩まされない日常が訪れる

dperphoto5 - DPELについて

1.傷口が非常に小さく傷跡がほとんど残らない
2.皮膚切開は8mm~10mmの小切開で一箇所のみ
3.高画質の内視鏡画面で病巣を捉え、確実に手術をすることができる

4.筋肉や関節の損傷を最小限にし、当日退院・日帰り手術が可能
5.体への負担が少ないため、早期の社会復帰が可能
6.   通常の内視鏡下手術よりも低侵襲
   

1.傷口が非常に小さく傷跡がほとんど残ない
2.8mm~10mmの小切開で一箇所のみ
3.高画質の内視鏡画面で病巣を捉え、確実に手術をすることができる
4.筋肉や関節の損傷を最小限にし、当日退院・日帰り手術が可能
5.体への負担が少ないため、早期の社会復帰が可能
6.   通常の内視鏡下手術よりも低侵襲
   

DPELの動画紹介

確実性と安全性を兼ね添えた出沢明のDPEL手術

確実性と安全性を兼ね添えた
出沢明のDPEL手術

DPELに関する資料一覧

最先端の脊柱管狭窄症手術DPELに関して

最先端の脊柱管狭窄症手術
DPELに関して

低侵襲内視鏡手術を可能にした​DPEL

低侵襲内視鏡手術を
可能にしたDPEL

確実に進化を遂げている腰部脊柱狭窄症の手術

 

確実に進化を遂げている
腰部脊柱狭窄症の手術

dpelphoto7 - DPELについて

D-PELは混合型の狭窄症の手術も可能です。

内視鏡による神経根の徐圧操作は十分に可能であり、光学的技術の進歩により、高画質に拡大された視野で確実な操作ができます。脊髄、神経根の全てを可及的に低侵襲手技に内視鏡で監査し、徐圧しようとする試みは今や可能になりつつあります。

従来、アプローチのために椎間関節を犠牲にした結果、固定術を余儀なくされた手技は今後徐々に見直されています。それとともに内視鏡脊椎手術に置ける徐圧操作は器具の開発と内視鏡の解像力の向上に伴い、手技の確実性と安全性が向上し、今後もより発展を遂げていくでしょう。

D-PELは混合型の狭窄症の手術も可能です。内視鏡による神経根の徐圧操作は十分に可能であり、光学的技術の進歩により、高画質に拡大された視野で確実な操作ができます。脊髄、神経根の全てを可及的に低侵襲手技に内視鏡で監査し、徐圧しようとする試みは今や可能になりつつあります。

従来、アプローチのために椎間関節を犠牲にした結果、固定術を余儀なくされた手技は今後徐々に見直されています。

それとともに内視鏡脊椎手術に置ける徐圧操作は器具の開発と内視鏡の解像力の向上に伴い、手技の確実性と安全性が向上し、今後もより発展を遂げていくでしょう。

問診票
電話予約"